ohendo3’s blog

還暦を迎えたおやじが 四国八十八か所 歩き遍路に挑戦

おへんどさん40日目

10月24日
おへんどさん40日目
(讃岐ノ國1日目)https://youtu.be/4lrP89lKZC4f:id:ohendo3:20211025030954j:image

歩き遍路40日目
讃岐ノ國1日目
66番 雲辺寺
67番 大興寺
68番 神恵院
69番 観音寺

今日から『涅槃の道場』讃岐ノ國に入るのだが、66番雲辺寺は、 徳島県三好市池田町にある。

宿を出たのが6時20分
雲辺寺までの遍路道を登っている。f:id:ohendo3:20211025031137j:image

こんな所でなぜ?f:id:ohendo3:20211025031108j:image
犬の散歩する人は、まず居ないはず。

7時40分   民宿岡田2.8kmとある。f:id:ohendo3:20211025031308j:image
1時間20分歩いて2.8kmの距離なのだ。
時速2km。

8時30分、雲辺寺に到着。f:id:ohendo3:20211025031718j:image

雲辺寺から次の67番 大興寺に向かうために少し降りた所。f:id:ohendo3:20211025031756j:image
五百羅漢があった。

羅漢像は、お釈迦様のお弟子さんである。等身大の羅漢像は、境内全域に安置され、参拝に訪れた方を見守っている。

なかなか見ごたえがある。それぞれの表情がとてもユニークなのだ。f:id:ohendo3:20211025031946j:image

雲辺寺を出たのが9時過ぎだった。この季節、下りでは汗はかかなく成った。
『爺やけん、足がもつれてコタワン』
道中、足を滑らし何度か転んだ。
正しく、『へんろ転がし』だった。f:id:ohendo3:20211025032050j:image
現在の時刻は、11時40分

舗装された道路に出られた。
雲辺寺まで4.6kmとある。
2時間40分掛かった。
宿から、ここまで10km。
5時間40分。
大興寺までは、まだ5kmある。f:id:ohendo3:20211025032233j:image

銭形の町、観音寺f:id:ohendo3:20211025032256j:image

観音寺市のコピペ

観音寺市といえば「寛永通宝」と言われるほど、市内で一番人気がある観光スポットです。

有明浜の白砂に描かれたこの砂絵。

その大きさはなんと!東西122m、南北90m、周囲345mもあります。

一般には、寛永10年(1633年)に藩主、生駒高俊公を歓迎するために一夜にして作られたと言われており、

この砂絵を見れば健康で長生きし、お金に不自由しないと伝えられています。

琴弾(ことひき)公園内の山頂展望台から見るのもおすすめですが、地上から見るとさらにその大きさが体感できます。

 

68番 神恵寺と69番 観音寺は隣接している。山門には寺の名前を併記している。f:id:ohendo3:20211025032549j:image

68番 神恵寺 本堂は鉄筋コンクリート造り。
f:id:ohendo3:20211025032827j:image

69番 観音寺f:id:ohendo3:20211025032950j:image

市の名前にするほどのお寺なんですね。

 

本日、歩けた距離
27km 11時間 累計1,045kmf:id:ohendo3:20211025033107j:image



本日の支出
お参り500円×4
スーパーで夕食826円
宿でカップ焼きそば200円
宿代3,500円
合計6,526円

直近10日間の支出  8,6506円

40日間の支出   338,320円